TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【C-3】ビッグデータ時代の保険業務/サービスのリ・デザイン

プログラム詳細

【C-3】ビッグデータ時代の保険業務/サービスのリ・デザイン
~新たな顧客価値の創造~
開催日時 2013.11.28(木) 13:00~14:00   C 会場
参加費 無料(保険会社・金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 株式会社NTTデータ経営研究所
金融コンサルティング本部 シニアマネージャー
河原 陽一 氏
講演内容  生活家電、クルマ、住宅設備に至るまでデジタル化が進み、全てのモノがインターネットにつながるというインターネット・オブ・シングスはコンセプトから現実的なインフラとなりつつあります。
 これらに加えオープンデータやSNSで発信されるヒトの意思や気持もインターネット経由で把握できるようになってきています。企業の保有するパーソナルデータと合わせ、今やビッグデータは利用の要否を論ずるステージではなく、どう活用するかを検討するステージにあると言って良いでしょう。
 現在の保険会社の業務・サービスの多くは顧客の意思表示をトリガーとして発動するプル型のプロセスで設計されていますが、これからはビッグデータの解析によるイベントドリブン+プッシュ型のプロセスになっていくのではないでしょうか。
 本プログラムでは保険会社の業務・サービスがビッグデータの活用でどう変わっていくのかを皆様と考えて参ります。
講義項目 1.プロローグ:現実味を帯びるビッグデータの活用
 (1)ビッグデータとは
 (2)活用事例
2.ビッグデータを活用した保険業務・サービスモデル仮説
 (1)マーケティング・代理店システム
 (2)アンダーライティング
 (3)エントリー・査定
 (4)コールセンター
 (5)商品付帯サービス
3.ビッグデータ活用成熟度とセルフチェック
 (1)ビッグデータ活用成熟度
 (2)YES-NO式チェックシート
4.ビッグデータ活用のポイント
 (1)自社VALUEの再定義
 (2)データの取捨選択
 (3)あるべき組織・人材
 (4)ユーザーエクスペリエンス
本セミナーは現在募集しておりません。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【C-3】ビッグデータ時代の保険業務/サービスのリ・デザイン
保険フォーラムのトップに戻る