TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【A-3】保険契約IFRS(フェーズ2)の適用に向けて

プログラム詳細

【A-3】保険契約IFRS(フェーズ2)の適用に向けて
開催日時 2015.11.26(木) 13:40~14:30   A会場(ベルサール神田 2F)
参加費 無料(保険会社・金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 新日本有限責任監査法人
金融部 シニアパートナー
小澤 裕治 氏

新日本有限責任監査法人
金融アドバイザリー部 プリンシパル
栗村 一也 氏

新日本有限責任監査法人
金融部 シニアマネージャー
小林 弘幸 氏
講演内容  国際会計基準審議会(IASB)は、2013年6月の改訂公開草案「保険契約」公表後、現行の暫定基準に代わる最終基準を2016年に公表すべく、継続して審議を行っている(フェーズ2)。
 本講演では、これまでのIASBの審議による暫定決定の内容を外観し、適用に向けての課題を考察するとともに、有配当契約に係る事項など最近の審議の状況について、解説する。更に、IFRSの導入において重要なテーマとなるデータ整備のポイントについても触れることとする。
講義項目 1.保険契約IFRS(フェーズ2)の概要と適用に向けての課題
2.IASBの最近の審議の状況
 (1)BBAとPAAの会計モデルの振り返り
 (2)有配当契約に係るVariable Fee Approachの概要
 (3)IFRS4とIFRS9の発効日の調整
3.IFRS導入に向けたデータ整備のポイント
 (1)データ整備のためのIFRS要件整理のポイント
 (2)IFRS負債評価システムの全体観を踏まえたポイント
 (3)BBAとPAAの2つのアプローチからのポイント
本セミナーは現在募集しておりません。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【A-3】保険契約IFRS(フェーズ2)の適用に向けて
保険フォーラムのトップに戻る