TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【A-2】保険会社におけるリスク資本管理の実践

プログラム詳細

【A-2】保険会社におけるリスク資本管理の実践
〜Value based Risk Capital Management〜
開催日時 2016.11.25(金) 10:20~11:10   A会場(ベルサール神田 2F)
参加費 無料(保険会社・金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 有限責任 あずさ監査法人
金融アドバイザリー部 マネージング・ディレクター
出塚 亨一 氏

有限責任 あずさ監査法人
金融アドバイザリー部 ディレクター
髙橋 隆司 氏
講演内容  国際保険規制の強化に伴い、保険会社グループにおいては、ガバナンス態勢・リスク管理態勢・資本管理態勢といった事業戦略上の要となる内部管理態勢の高度化が喫緊の課題となってきています。我が国においても、ORSAレポートの作成やERMヒアリングに基づく評価結果の概要公表などから、リスク管理態勢および資本管理態勢はより保険事業特性に基づいた実践的な態勢構築が期待されているものと考えます。
 本セッションでは、IAISが検討している保険資本基準(ICS)を基礎的な知識に位置付けながら、それを軸に、企業価値の向上に資するための実践的なリスク管理・資本管理態勢構築へのインプリケーションを説明します。
 ICSの考え方は「経済価値ベースの評価・監督手法の検討に関するフィールドテスト」に活用されるなど、保険会社におけるデファクトスタンダードになる可能性が高いものと考えられます。ICSは保険会社経営の根幹に根差した重要なガバナンス規制であり、経営者をはじめ、経営企画・リスク管理・資産運用・会計/経理・内部監査等の実務部門の方々も十分理解し、活用することが必要と考えます。
 また、グローバル保険会社等におけるリスク資本管理の現状を理解するため、KPMGインターナショナルがグローバル大手保険会社を対象として実施した、リスクと規制に関するベンチマーク調査の結果も、併せてご紹介する予定です。
講義項目 1.保険資本基準(ICS)とリスク資本管理に関する規制の動向
2.リスク資本管理態勢構築へのインプリケーション
3.グローバル大手保険会社へのベンチマーク調査結果
4.リスク資本管理態勢構築における具体的取組課題
本セミナーは現在募集しておりません。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【A-2】保険会社におけるリスク資本管理の実践
保険フォーラムのトップに戻る