TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【D-3】コグニティブ・コンピューティングの保険業への適応

プログラム詳細

【D-3】コグニティブ・コンピューティングの保険業への適応
〜Watsonがもたらす新たな可能性〜
開催日時 2016.11.25(金) 11:30~12:20   D会場(ベルサール神田 3F)
参加費 無料(保険会社・金融機関の方のみ参加申込が可能です)
講師 日本アイ・ビー・エム株式会社
コグニティブ・ソリューション事業 インダストリー・ソリューションズ 部長
三輪田 透 氏
講演内容  AI(人工知能)は、いま“第三の波”が起きており、その活用への期待が大きく高まっている。IBMでは2011年にクイズ番組でWatsonが人間との対戦に勝利するチャレンジを達成して以来、今日に至るまで多くの企業と共同でこの技術のビジネスヘの実用化を進め、医療や金融をはじめ、多数の業界での活用事例がでてきている。日本国内でも、様々な分野への応用が期待され、積極的な取り組みが始まっている。
 保険業においても、顧客サービス・保険事務・販売支援などをはじめとした複数のビジネス領域でWatsonの活用が進められている。今回、「Watsonが保険業のビジネスをどう変え得るのか?」について、これまでの取り組みやその経験からの学び・教訓を踏まえた今後の可能性をご紹介する。
講義項目 1.Watsonコグニティブ・コンピューティングがもたらすインパクト
 (1)ビッグデータとコグニティブ・コンピューティング
 (2)コンピューティングの歴史におけるWatsonの位置づけ
 (3)機械学習とDeep Learning
2.保険業におけるWatson活用の取組み事例、そこから見えてきたこと
 (1)海外・国内保険会社の取組み
 (2)10のビジネス領域、デモ
3.Watsonテクノロジー進展がもたらす今後のさらなる可能性
 (1)Healthcare、IoT、Weather、Robotics、Compliance、Security、Insight、Cognitive Business Operation(CBO)等への広がり
本セミナーは現在募集しておりません。
TOP ≫ プログラム一覧 ≫ 【D-3】コグニティブ・コンピューティングの保険業への適応
保険フォーラムのトップに戻る